真夜中

声を聞かせて。

終極のDOLLS vol.4 琥珀のロルフ

シチュCDさんは布団の中で、生活音から離れて穏やかにゆっくり聞きたい派なのですが、今週はどうしても忙しくて最初の2トラックは作業をしながらリビングで聴くこととなってしまいました。

 

終極のDOLLS 琥珀のロルフ

 

作業をしながらだと聞き落としがあったり、途中でいったん離れたりしたのであやふやな部分があったりするけれどもそれでも最の高だった感想を述べます。

今回のはどうしてもネタバレしなきゃ書けないので、まだ未視聴、ネタバレ嫌なお方は見ないほうがいいかと。

セリフどころか内容のがっつりネタバレくらいますよ。

 

まず、のじけんだから買ったという適当さなので、ほっとんどと言っていいほど公式サイトの説明を読んでおりません。

ちらっと公式PVを見て、この厨二感確実に私の性癖に刺さるやつだなって気づいたので買いました。

たしかに公式サイトは読んだよ。

あの素晴らしい厨二溢れる「愛したい、たとえ傀儡となっても」というキャッチも確かに読んだ。でもまさか、自分がドールにされるとは思わなかったよね。

途中で魂を抜かれることを独り言としてつぶやいてて、えっまさか私人形に?!そんなバカな…!!!!これメリバ系かよ!!!!!好き!!!!!!!!!ってなった。

単に美しいドールに愛されて一緒に生きていく話かと思ってた。大間違いでした。

でも再度公式サイト見たらがっつり書いてありました。「見に行った女性たちが忽然と姿を消す」と。

おい、読み落とした自分よ。上のキャッチと合わせたら確実にドールにされるエンドだって気づけるじゃねぇか。

 

ボイスはもちろんのじけんさんの低音ボイスなので間違いなく最高オブ最高です。のじけんファンは買うべき。そしていつも通りのドSキャラですのでたくさん罵ってくれます。Mの方にもおすすめ。ドブネズミとは言ってくれないけどね!!!!

 

あらすじとしては公式に書いてある通りですが。

巷で大人気の人形劇公演を友達に連れられて見に行った気の強い女の子が、なぜかその一体を1週間だけ所有することになる。女の子はどのドールも同じように見えたらしく、特別にハマったりしなかった。そんな女の子のところに来たのは、兄弟ドールの兄 ロルフ。その美貌から数多の女性を落とし人生を破滅させてきたドール。めっちゃプライド高い。初っ端から椅子が合わないとか文句言いだす。まぁ人形だから…とそこは何とか許せる範疇だけどインテリアにまで文句言いだす始末。一週間しかいないんだから黙っとけよ!!!!w

 

いろいろ文句言われて、女の子も黙っておりません。普通に反発します。それがおもしろくないロルフさんは「記憶を消す」という力を使い、女の子の記憶の一部を消す。女の子は新しい記憶が消えてびっくり。でもなんだかんだ口答えをしていく女の子。すごい。私なら無理。

そんなロルフさん、次の公演の練習に向かいます。再演だからほとんど覚えているけれど…と言いながらもまじめなのでちゃんと練習へ。しかし次の公演ではダンスをすることになったらしく、ロルフさんは知らない女の人と踊りたくないのでお前やれと半ば無理やりダンスをしたこともない女の子を相手役にします。練習では足を踏んだりステップが遅かったりと本当に大丈夫なのか…と不安がいっぱい。

練習した次の日にロルフさんの様子が少し変なことに気づく女の子。理由を聞いても怒って教えてくれず、時期でない「ザクロが食べたい」と言い出し女の子に取りに行かせます。女の子も記憶を消されたくないのでがんばって町はずれの森まで取りに行きますが、手にけがをしてしまいます。無事にザクロを持って帰ってきたものの、手にけがをしている女の子を見てロルフさんは驚き、なぜそこまでして取ってきたのかと女の子に尋ねます。記憶がなくなっても死ぬわけではないのに…と。血まみれの手なのでダンスの練習ができないからとロルフさん手当をしてくれます。まぁなんと、がっつり患部にちゅっちゅ!!!!!!

「手当て」ではなく修理って言い間違えようとするところかわいい。耳元でないところが残念だけどいい!!!!!!この辺からちょっと優しくなってくるロルフさん。ツンデレ。そしてロルフさんが怒っていた理由も判明。できのいい弟に大事なセリフを取られたから。弟はいつもいいところを取っていくと。それを聞いた女の子、「プライドが高い」と笑います。そんなに注目してほしいならダンスを完璧に踊ればいいんじゃないの?と提案。そこからがんばって練習に励む二人。

翌日近くの公園に来ていた大道芸人を見に行きたがる女の子。休息としてふたりで一緒に見に行きます。準備をしに行った女の子を見ながら、魂を奪われるのだから最後くらい楽しい記憶を与えてもいいだろうと。えぇぇぇぇ私魂抜かれるの?!まじで?!ってだいぶん驚いたわ。ちなみに初めて見るマジックに驚くロルフさんかわいい。

当日は緊張している女の子に向かってこっそりいろんなことを囁いてくれます。自信たっぷりなロルフさん。素敵か。魂抜かれないならこれ普通にハッピーエンドに持っていける話。

帰ってから「楽しかった」という純粋な女の子に、優しい言葉をかけてくれます。一週間経ったから離れるんだろうと思っている真実を何も知らない女の子に「こんな形で出会ったのでなければ、この先もここで二人で暮らせたのかもしないな」というセリフを言うロルフさん。あれこのセリフ既視感ある…。こんな形で~云々はよく聞く気がするよ…。なんで私たち普通に出会えないんだろうね!!!!! 

その後魂を抜かれること、呪いが最初からかけられていたこと、ドールになることを伝えられてびっくりぎょうてんの女の子。私もびっくりだわ。まじでドールにするんか。

でも「記憶」を大切にしていることに気づいていたロルフさん。ドールとなる運命の女の子に、見た目でも人間だったことの証が残るようにとザクロ事件でできた傷跡を思いっきり噛みついてさらに傷跡をつけるロルフさん。

この噛みつく瞬間の「はぁっ…」って声が大好きです!!!!!

ロルフさんにキスをされ魂を抜かれた女の子は一瞬でドールに変わります。もう声が出せない(目と耳は使えるらしいので声は出せないのではと勝手に推測)動けない女の子に向かって右耳から囁いてくれる最高なボイス。ここだけ何十回も聞けるなっていう。「共に生きよう、永遠に」で閉めてくれるんですけど。のじけんさんほんとささやきボイスうますぎるよね。かわいさもさることながらささやきボイス選手権あったら確実に上位。(私調べ)

 

内容としましては、メリバですよねこれ。だって有無を言わさずドールにされて所有されちまうんだぜ!!!!!!

十分わかったと思うけど普通に恋愛はできません!!!!

 

全体的に「記憶」って言葉が何度も出てくるし、ロルフのストーリーのテーマは「記憶」だったのかなと思いました。たぶんロルフさんはドールだから記憶がなくて、記憶を持つ女の子がなんでそんなに記憶に固執するのか分からない。でもそこまで大切にしたいならと分からないなりに寄り添ってくれるので優しいよね。

全員分記憶が消される描写なのかな…?ほかのキャラだと違う力なのかな?

ただ何というか…好きなんだけど、1時間しかないからかダンス後の一番大事な魂抜かれる云々のところの話がおろそかになりすぎてないか…?という疑問が。たしかに書き出してみると、傷跡の話も書かないといけないし、プライドが高いことを示す話も必要だし、抜いてもいい話がないのですけれども、ロルフさんが優しいセリフを言ってよっしゃハッピーエンド!と思ってからのほんとは魂ぬかれるんだよーんみたいなところの間が短すぎてあれ…ってなっちゃった。ロルフさんがなんでそんなにしてまで女の子をそばに置いておきたいかがわからない。今までの子は捨ててきたんでしょ???優しいときにもっと愛してほしかったし、それから魂抜いてほしかった。ロルフさんが好きでいてくれるのは伝わるけど、女の子が(たしかに好意を持ってはいるんだろうけど)そこまでロルフさんのことを好きなのか?っていう感じが…。いや私は好きだけどね!!!!私は好きだけど!!!!!!

でもまぁ、囚われるCDって書いてあるしそういう意味だったのかなぁとも思わんでもないか。

ほかの人のを買っていないのでなんとも言えないけど、これ全員分買ったら誰を蘇らせたいとかわかるのかな?笑

結局腐りかけの人は蘇れるのかな(笑)気になる。

 

低音でのささやきの後に、ふんわり優しいのじけんボイスでキャストトークしてくれるのかわいさ120%で癒されまくったのは私だけではないはず。これのおかげですべて許せる。無理やりドールにされても許せる。さすがのじけんボイス。ボイスの落差にあぁぁぁあって布団の中で悶えまくったわ。

とにかく伝えたいこととしては、のじけんさんのボイス本当に最高だから迷ってたら買ってね!!!!!!!!!

感想っつーかほぼあらすじになってしまった。ハハッ

 

あぁー次はダンデビ買うか迷う。金はない。映画も見たい。ちなみにダンデビだとリンド推し(わちゃの声大好き)。

 

興奮して寝れないけどおやすみ。