真夜中

声を聞かせて。

第七特命課 十狂セメタリー SEASONⅡ 世野ネイム 感想

こんにちは。ついに連休も後半ですね。カレンダー通りのお休みの私にとっては、この二日どうにかこうにか終えました。いやーーーーー十セメの野島さんのおかげでがんばれたと言っても過言ではありません。

 

ということで今回は十セメ待望の2枚目ネイムさんの感想です。今回の十セメは予約していたこともありメイト特典(おまけのCD 糖狂セメタリー)もちゃんと受け取れましたよかった…!!!!

 

毎回読んでくださっている方は分かるかと思いますが、わたくし野島健児さんが大好きでございまして。今回のネイムさんの声帯もとっっっっっっても楽しみにしておりました。待ってたよのじけんさん。のじけんさん新作シチュCDは去年の10月(終ドル)以来ではなかろうか…??半年以上経ちますがよく半年も耐えたね私…!!!!次はまぁ新シリーズが出るにしてもその前にゲームのほうが出るのでまだ耐えられる…かな?

リジェさん次の新作にのじけんさんがいるかどうかはわかりませんが、もしこのブログを読んでくださっている関係者の皆様がいらっしゃればぜひ野島さんを!!!!!!お願いします!!!!!!!!!できればいろいろ罵ってくれる役で!!!!!

 

すみません野島さんへの愛が溢れすぎて止められなくなりそうなのでとりあえずさっそく感想をいくね!!!!!!

いつものごとくネタバレあります!!!!注意だよ!!!!!どこまで書けばいいのか分からなさ過ぎてだいぶんネタバレしてるのでまじで注意!!!!!!!犯人誰だろうドキドキわくわくしている人のドキドキ感を奪い取りますので!!!!!!

 

第七特命課 十狂セメタリー SEASONⅡ 世野ネイム (CV野島健児さん)

 

プロフィールによると、過去に暴行傷害事件を起こして昇進の道から外れた人…らしい。まじで。あんな外見でなにやらかしたのネイムさん。前回地味~~~に、だれが犯人なんだ…ともやもやしまくって終わったので今回も楽しみにしつつ、まだまだ2作目なので絶対に犯人は分からないんだよねー…と微妙な心境で聴きました。

 

まずのっけからイケボ。日付読んでるだけでやられる。末期。

最初のベルノさんと違い、初っ端から怒られます。うふふ。30分前に出勤した私に先輩より早く来いと怒るネイムさん。そしてきれい好きなのか、散らかった資料を片付けるように指示。ぷりぷりしている野島さんボイス最高。荷物を上にあげようとする私ですが、急ぎすぎたのか落そうになる…ところをネイムさんが受け止めて?くれます。うっふふふふふ。怒ってるのかと思えばなんだかんだ優しいメンズでございます。といったところで特命課の電話が。新しい事件です。

前回の2事件と似たような文章の手紙が送られてきます。事件事件~~~~!!!!

添付画像には二つのメッセージ「ロブスターは好きだが、腐った肉はまずい。ステーキは好きだが、腐った肉はまずい」。しかし今現在見つかっている死体はひとつ。あと一つはどこかにあるのか…???という疑問が浮かびつつも、被害者の身元がわかります。

そして二人は事件を調べるべく、防犯カメラの映像をチェックします。が、新人の私使い方がわかりませんすみません!!!!!!!でもなんだかんだちゃんと教えてくれるネイムさんさっすが♡すき♡♡♡ということで二人仲良くお隣に並んでそれぞれに映像チェックを行います。このときのため息のボイス最高ですありがとうございます。ある車が怪しいと気づいたネイムさん。なんでその車が怪しいのか呆れながらも理由を教えてくれました。そんなとき私は、ネイムさんの目の下にクマがあることに気づきます。事件が続いているので忙しくて休んでいる暇などないというネイムさん。私は心配ですが、ネイムさんは大丈夫と強気です。ちょっと怒られるよ。

防犯カメラの映像から容疑者を突き止めはしたものの、どこにいるのか分からないので以前の勤め先であるバー周辺から聞き込みを行う二人。しかしネイムさんはめまいによりふらっと倒れそうになります。心配する私は無理やりネイムさんを公園で休ませることに。そこで私はネイムさんが第七特命課にいる理由を聞きだすことができます。私けっこうデリカシーないな????

 

幼少の頃、両親から虐待を受けていたネイムさん。昔からひとなつっこいような性格ではなかったため、友達もほぼおらず、親友が一人いた程度だった。(親友ひとりいれば十分では…?!)虐待を受けていたことも、その親友だけは知っており、傷が増えるごとに親友はネイムさんのことを心配していた。そんなある日、親友はネイムさんが貸した本をネイムさんのおうちに返しに来た。そのときちょうど両親からの虐待を受けていたネイムさん。それを見た親友は、ネイムさんの両親を襲った。ネイムさんの両親を殺したことに気づいた親友は、急いで逃げていった。近くの人が母親の叫び声を聞き警察を呼んだが、そのときには親友はいなくなっており、その場にいたのは亡くなった両親とネイムさんのみ。そのときには染色体Zはネイムさんだと思われたものの、のちのち疑いは晴れる。今でもネイムさんはその親友のことを追っているため、第七特命課にいるそう。

 

…その話を聞いた私、染色体Zでも悪い人ばかりではない、自分たちと同じように心があると言い出した。私もちょびっとはそう思うけど、被害者からすると…なかなかそうは思えないよね…。でもどうなんだろうか。普通に暮らしている染色体Zの人もいるかもしれないし…。難しい。と思っているところで、次の事件が起こります。

死後4~5日ほどたっているであろう死体。現場には「ステーキは好きだが、腐った肉はまずい」の文字。手紙の文言と一致していた。

その現場私は落ちていた腕時計を見つけます。針も動いていないが、日付が表示されており、ロブスター事件が起こった日、時間もほぼ一緒だということがわかる。ロブスター事件、ステーキ事件は同一犯ではないということがここでわかります。「クロウ」は複数犯!!!えぇぇぇぇ。そんな気、ちょっとしていた。

 

その後特命課で残業をしていた私。ネイムさんも一緒です。ねぇもしかして!!!泊まり込みでの残業!!!!!!これって!!!!フラグですか!!!!!!!イチャイチャできますか!!!!!!!!!ねぇ!!!!!!!!と思ったら報告書を見せろと言われました。イチャイチャできねぇぇぇぇぇフラグさっそくへし折ってきたネイムさん!!!!!いさぎよい!!!!!!好き!!!!!!!そしてこうしたほうがわかりやすいといいやり方を教えてくれます。なんだかんだやっぱり優しい…。サンプルボイス聞いてた時の厳しいイメージほんと迷子…。新人教育嫌だみたいなこと言ってたくせに…。なんで優しくしてくれるん…。からの「がんばれよ」の一言でああああああああああああもう私今ならなんでもできる最高!!!!!!!!ヘブン!!!!!!!って気持ちになりました。がんばりますもう何もいらない。終わったら休めって言ってくれるし優しいいいいいいいいいいいいいすきいいいいいいいいい!!!

 

聞き込みを続けるネイムさんと私。なかなか解決につながらないね~。そこでネイムさんからクマがあることを指摘される私。そこで先日のお返しのようにジュースをくれるネイムさん。「最近優しい」的なことを言う私ですが「お前にはずっと優しいだろ!」ってちょびっとおこなところかわいい。努力を認めようとしてくれているようで、でも人を褒めようとするのは慣れないようでちょっと言い方がぎくしゃく。もっと褒めてねぇ褒めて私褒められると伸びる子だよ!!!!!!ってめっちゃいいとこなのに、ロブスター事件の容疑者と思われる男が逃げているという連絡が。ねぇ私イチャイチャしたかった。まぁ仕事中ですので。二人しておいかけます。私足遅いんだわごめんね~~~~~。そして体力ミジンコレベルだからそんなに走れない…!!!!いろいろありながらもネイムさんと私はどうにかこうにか容疑者を確保することに成功。私特に何かをしたわけではありませんがネイムさんから褒められます。頭なでなでもしてくれます。ふふふふふふふ一人にやにやが止まりませんうふふふふふふ。

その後、取り調べなどにおいてロブスター容疑者は染色体Zの持ち主だと判明。ネイムさんが言うには主犯じゃない、と。そして一緒に押収された持ち物の中に入っていた、謎の錠剤。これも何かのカギになるのかな。いつになったらわかるのでしょうか。この容疑者、ネイムさんの提案においてもう一人のステーキ事件の共謀者を話します。名前は…「カイト」それはネイムさんがずっとずっと探し続けていた親友と同じ名前だった。

場所を聞き出し、カイトを探しに行く二人。その道中、何やら不安な様子のネイムさん。私は少し心配になりますが、ネイムさんから言われた言葉「もし俺が染色体Zだったらどうする?」との質問にも「以前と変わらない(心があると思う)」と答える私。私もネイムさんが染色体Zでも大丈夫…。だってこんなにイケボ…。あれ…これってフラグ…???まじでまさかのまさかが…くる?????まぁまだ分からないのでモヤモヤを抱えて過ごすことになっちゃうね。

言われた場所にカイトさんは住んでいました。正気ではいられないネイムさん。震えた声でカイトさんに話しかけます。あぁ…ネイムさん…。やめて…。って言いたいけど両親を殺されてるしどうとも言えない。つらい。両親が殺されてから、非常につらい思いをしてきたであろうネイムさん。私もつらいのですがさすがにやりすぎだと思ったのか、止めに入ります。「離せ!!!!」と言われますが、そこで私は思いっきりビンタ!!!!リジェットの女ビンタ好きだよね。私何回リジェの男をビンタしたのかもう覚えていない…。現実で男性ビンタしたことなんてねぇ…。

そんなこんなで、今回の二人の犯人は確保されました。そして取り調べが行われます。が、錠剤のことや殺人を指示していた「誰か」についてはまだわかりません。どこかにいる真犯人を追い求めていくことになるんだろうな。あと、ネイムさんが過去に起こした傷害事件については分かりません。なんだろな。気になるから今後何かしらで教えてほしい。くれるよね…????

最後の場面、ひどいところを見せてしまったと謝るネイムさん。距離を取られると思っていたらしい。そんなことするわけねぇです!!!!!私も優しいと思ってる!!!よ!!!!!!!でもネイムさんは「俺のほんの一部しか知らない」と優しいと言った私をバカだな…と言います。全部知りたいなら…ネイムさん曰く「ただし、どんな俺を見ても逃げないと約束できればの話だ…どうする?」らしいんですけど。そのときのウイスパーボイス!!!!最高!!!!!!!!!永遠に聞ける!!!!!!!!!大好きです何があっても逃げないよネイムさん結婚しよう!!!!!!!!!!大興奮でエンド。

 

リュシオルよりはバッドエンドじゃないし、狂った男じゃありません。最後は優しくなってくれるし。でもね、やっぱり闇をそれぞれ抱えてるからね!!!!!しかもそれぞれのキャラにまだ分からない謎があります。これどこで伏線を回収してくれるんでしょうか。すっきりさせてね。絶対だよ!!!!!!これうまくいけば続編出るやつなのかとも思わなくもない。(事件解決系なので新しい事件作れればいいわけだし…)今までの男が最高なのでぜひお願いしたいところだけど、2作聞いた予想がもし当たれば絶対続編はあり得ないのかな…とも思う…。どうなんだろう。私の予想は外れてほしい。

 

フリトはやっぱり野島さんの優しい優しい優しいかわいいお声。大好き…野島さんも大好きがつまった作品ということで。「カイト」という名前を聞いて某刑事ドラマの真似をしてくれます。さすが声優さん!!!!!そっくり!!!!!聞いてほしいすぐわかるから!!!フリトでも癒しを与えてくれる野島さんはやっぱり私にとっての神様。ありがとうございます本当にかわいい癒し尊い。日々がんばれますはい。なんであんな心穏やかなおしゃべりができるのでしょうか。私の乾ききった心に潤いを与えてくれる最高のボイスでした…。

 

前回はフリトで取り込まれていた最後のトラック。今回取り込んでみたら「取り調べファイル02」で取り込まれたので、たぶん前回のは取り調べファイル01だったんでしょう。前回もだいぶん気になる話をベルノさんがしていたのですが…今回もまじで…?!えっ…!これは…?!まさか…あれ一瞬頭によぎったことが本当なのかもしれない…?!いやでも嘘だと信じたいけど…?!あれ?!っていうなんかいろんな想像を膨らませてくれます。が、全然はっきりとしないのでわかりません。聞いてください。みんなで一緒にもやもやしよう。

 

アニメイト特典の「糖狂セメタリー」

私はネイムさんから借りた本を返しにネイムさんのお部屋へ。オスのラグドール「コタロウ」という猫ちゃんがいます。にゃーにゃーいってる。ラグドールさん初めて調べたんですけど、かわいいにゃんこさんですね…!ふっわふわ!!!!!ネイムさんあんな子飼ってるの尊い…。「おいで~?」の声…!!!それ私にも!!!私にも言って!!!!!!!!!!!!ちなみに人を家にあげたのは初めてだそう。まじで!!!!私入っちゃっていいのかな!!!!!ドッキドキ!!!!!!!!!ちなみに私、返しに来たはずの本をデスクに忘れます。何しにきたん私。コーヒーを淹れてくれたネイムさん。飲もうと手をのばしたとき、興奮したコタロウがとびついてきたのかコーヒーがこぼれてしまいます。謝りながら着替えを用意してくれるネイムさん。これって彼シャツですか!!!!!!!!彼シャツですよね!!!!!!!!!!!!(大興奮)焦ったのかなんなのか分からないですが、前後間違えちゃう私おっちょこちょい。前後間違えるぐらいだからスウェットみたいなやつなのかな…?ってことは彼シャツではなく彼スウェット…?顔が赤いと指摘され、「シャワーでも浴びてきたらどうだ??」と言われます。まじか!!!やっとイチャイチャできるのか!!!と思いましたがここは大まじめな主人公ちゃん。家に帰ろうとします。しかし終電のある時間ではないようで帰れず。まじでそんな時間に男性の部屋に行ったんか主人公。ネイムさんは何もしないと思ったんか。いえ私は何をされてもいいですけど!!!!!!!ちなみに恥ずかしがる姿がかわいいとめっちゃ迫られます。そしてそもそも帰すつもりはないと。デスヨネ~☆私も帰るつもりはないです!!!!私はいつでも家に来ていいと言われます。本当ですか!!!!!「急に会いたくなった」とかでもいいらしい。会いたいです!!!!!!!!!会いに来ないなら無理に連れてきてもいい…。あっ無理に連れてきてくれるの…それもいいね…。「お前が思っているような優しい男じゃない」「逃がすつもりはないから、覚悟しておけよ」という最高なボイスで締めてくれました。ごちそうさまです!!!!!!!最後にちょびっとちゅっちゅしてくれますが欲を言うならもっと野島さんの「はぁっ…」って声が聴きたかったです!!!!

おまけは全部この感じなら木村さんの糖狂セメタリーも欲しかったなぁ…。後悔。

 

こればっかりはネタバレはなるべく避けようと思ったのでベルノ編ではあまり書かなかったのですが、大好きな野島さんに興奮しすぎてほぼ全部書いちゃいましたごめんなさい。あのとき大真面目に、なるべく核心に迫らないようにと書いた私!!!!偉すぎた!!!!あのときすんごい考えて書いたんだろうなぁ。今回どこか削って核心が分からないようにしようと思ったけど、どこ削ったらいいのか分からなさ過ぎてあきらめました。野島さんの声で理性もどうにかなってしまった私!!!!!バカ!!!!!!!あのときの努力をすべて踏みにじった気がするけど!!!!!!!!まいっか。野島さんの声が素敵すぎてもう何も考えられないってことにしといてください。とにかく!!!!声が良き!!!!!!!!!!!!!そしてやっぱり気になる犯人と彼の秘密!!!!!!!!!!早く8月が来てくれ~~~~~~~~~~~。

 

 

おしまい。