真夜中

声を聞かせて。

READING HIGH 音楽朗読劇『Homunculus~ホムンクルス~』感想

12月10日() カルッツ川崎にて、READING HIGHの初公演 音楽朗読劇『Homunculus~ホムンクルス~』観劇してまいりました。

 

出演者は以下の通りです。(敬称略)

・シドニウス:諏訪部順一

・アーベル:梶裕貴

・バルド:豊永利行

・エーレンフリート:甲斐田ゆき

・ユリウス:梅原裕一郎

・ヨハンベドガー:関智一

・フェルナンド枢機卿石黒賢

 

まず出演者さん超絶豪華ですよね。

私は大好きな大好きな大好きな甲斐田さんが出ているとのことですぐにチェック。

でもどうしても前後の日が休めずに、確実に行けるのが10日の昼公演だったのでそこだけに絞って申し込みました。

するとまぁ奇跡的に!プレミアムシートが当選し、発券したら最前列だと判明!

うれしすぎてずっと楽しみにしていました。

 

ちなみにめちゃめちゃ余談ですが、川崎フロンターレの優勝パレードが川崎駅付近であるとのことで、付近本当に大混雑。昼公演直前とがっつりかぶっておりまして、かくいう私も渋滞と人ごみに巻き込まれました。そして乗っていたバスで真横からパレードを見るという謎のラッキーも。笑

川崎フロンターレの皆様優勝おめでとうございます!!!!

ちゃんと公演には間に合いましたよ!

 

事前に諏訪部さんのツイートでマスクを持ってきたほうがいいかも、とのこと。

マスクがとっても苦手な私は、マスクをして集中できないかもしれないということと、スモークがすごいということを天秤にかけまして、私はスモークでむせたりすることもなかろうと思ったのでマスク着用はしませんでした。集中して見たかったのです。

たしかにものすんごいスモークだったのですが、マスクなくても平気でした!ちゃんと集中して見れたよ!!!!

 

見るまでは音楽朗読劇というのが謎で、歌ったりするのかな?と思ったのですがちがいました。

全く歌いません(笑)

生のバンドの演奏があるのでとっても臨場感がありまくる!!!!!迫力が違う!!!!!

 

感想とか苦手なので覚えていることを書き綴ります。ぐちゃぐちゃだけど許してください。

 

出演者さんが限られているので、数名複数の役をされている方がいらっしゃいましたが、さすが声優さんですよね。役に合わせて声が全然違うのすごい。

先ほども書いた通り最前列だったのですが、立ち位置的に豊永さんの目の前の位置だったんですよ。

で、甲斐田さんは少し遠めだったのです。

私どうしても目の前にいる人を追ってしまう癖があるので、大好きな甲斐田さんも見てはいたのですが豊永さんをとにかく見続けてしまいまして。

立ってても座ってても豊永さんをやたらと眺めてました。ブスが凝視してごめんなさい豊永さん。終始可愛かったですハイ。

豊永さんは役的に純粋で可愛らしいキャラクターで、その感じがとっても表れていて、立っているときにも右手を腰にあてて立ってたり(あれで左手に台本だからずっとそのポーズを維持するのは難しくないのかなと思ったり)、座っているときにも手を足と足の間に置いてめちゃめちゃかわいらしいポーズで座っていたり、とにかく本当に可愛すぎてもうなんかシリアスな話なんだけどその可愛さにニヤニヤしてしまった。

一番かわいかったのは、シドニウスのことを「うん、ほとんど犬!!!!」って無邪気に言うシーン。会場笑いが起きてたよ。かわいすぎか。

それにとても器用に水を片手で飲んでいらっしゃいました…。蓋を外して飲めばいいのに、片手で蓋を抑えつつ水を飲むという…。何回か飲んでらっしゃったのですが、そのたびにそうやって飲んでおられて。めっちゃ器用だなこの人!って思いました。

下からすんごい見てたからねごめんね豊永さん。

あと勝手なイメージだったんだけど豊永さんそこまで低音でしゃべるイメージがなくて…。違う役をしていたときに低音になっていたので、えっすっごすっご…って思いました。あんな声出せるんだね…。

 

そして諏訪部さん。目が見えない役だったのですが、まさか本当に見えない感じで立ってらっしゃるとは思わなかった…。ほぼつぶってるか台本見るときに薄目って感じで。プロだなぁと。座っているときにもきちんと背筋を伸ばして座っていて、ただ座っているだけでもシドニウスの佇まい。凛とした空気がそこにはありました。ひとつだけ、パパの名前を噛んだんですよね。諏訪部さんですら噛むことがあるんだ…と衝撃を受けたのと同時に、生だからそういうこともあるし、むしろ諏訪部さん人間らしくてとってもよかった…。同じ人間だった…。シドニウスさんの最期のシーン号泣ものだったですよね。感情移入めちゃくちゃした。

 

関さんは役の使い分けがめちゃめちゃお上手で、ご飯を食べたりするシーンもさすが関さんって感じでした。

兄さんが大好きだったっていうシーンに「わかるそれな…!!!!!!!」ってめっちゃ共感した。ベテランさんなので安定感というか。安心して見てられるというか。関さんのお声はやっぱり聴きやすい。

 

梶さん。ぷんすかしてる役だったけどそれでもかわいかった。位置的に遠かったので横顔って感じでしたけどね!!!!!!!でもやっぱりさすがだなと思います。いろんなアニメで主演やってるだけあるわ。そしてファンが多い理由もわかる。低音のキャラ増えればいいのにねーと思いました。かっこよい梶さんの低音。

 

梅原さん。立ってるだけでかっこいいすごい。スタイルの良い美男なのであの赤いお衣装めっちゃめっちゃ似合う。足が長いから長いコートが映える映える。そしてまぁいいお声ですよね。知ってます。「私好みです」ってセリフが何回か出てくるけどその言い回し私たちをどうしたいんだってほどツボでしたありがとうございます。ただ後ろの上にいらっしゃったから、私の座席からはとにかく上を見なければならず首がやられました梅原さん。バンド紹介の時に見えやすいようにと椅子から降りて横にしゃがんでたんですけど、イケメンがするとその行動すらもかっこよく見えるんだなって気づきました。

 

石黒さん。俳優さんなだけあります。顔の表情がものすごいうまかった。そして声優さんに引けを取らない声の演技。声も通って聞き取りやすかったし、役にめっちゃあってるなーと思いました!!!!最初は敵!!!何者!!!!と思ってたけどなんだかんだいい人だったね…。

 

大好きな大好きな甲斐田さん。弟子の役のときの声最高に好みです…。あぁもう大好き…大好き…ってなりました。エーレンフリートのときの声も好きですよもちろん。甲斐田さんにしては珍しく気が強い少年だった気がします。いつも優しかったりちょっとけだるげな少年って感じだったもん。気が強いというか強くないと生きていけなかったからっていうところなのかもしれない。その心の脆さと必死に生きてきた部分を強く感じ取りました。「生きたいんだ!!!!」って叫ぶシーンは、涙なしでは見られなかった。鳥肌立ったし圧倒されました…。

 

本当、最後のシーンは涙なしでは見られなかったんだけど、さすがに最前でがっつり出演者様のお顔が見える席でブスがぶっさいくに泣くわけにはいかねぇ!!!!と思って必死に耐えました。が心の中では号泣です。思い出すだけで泣ける。兄さん!!!!!!って私も心の中で叫んだ。物の言い方は静かなんだけど、お兄さんの強さと優しさ、弟たちへの愛がとっても表れていたよね…。諏訪部さん長男にしたのは本当にさすがとしか言いようがない。終始イケボだった…。イケボという言葉では浅はかすぎるのではないかというほどいい声でした。

 

「命」「生きる」という重くて深いテーマだったのですが、私は今まで適当に生きていたなと思います。ホムンクルスたちのほうが生きることについてしっかり考え受け止めながら生きているな…と。

 

あいさつで梅原さんが「家族を大切にしたい」とおっしゃっていたのですが、本当にそう感じるお話だったなと思います。4兄弟についても、ベドガーの幼少期についても、エーレンフリートの幼少期についても、「家族」というものが何なのか語りかけてくるものでした。

1公演しか見ることができなかったのが悔やまれますが、それでもこの公演を見ることができたのは本当に幸せだったし価値のあるものでした。

演出も出演者さんも音楽もストーリーもすべてがすごい。全員の凄さが凝縮されてこんなにいいステージになっているのだなと感じました。さすがプロです。

 

シリアスなお話だったので(兄弟は追われているし)ずっと緊迫しているっていう雰囲気だったのですが、最後の挨拶のときにはすばらしく和やかムードでした。

スモークがなかなか取れず、2、3階席が見えづらかった諏訪部さんは後ろのほうの安全確認を行っておりました(笑)1階は見えるから安全確認できてるんだけどねって。

梶さんは火薬の量が増えていて実は内心動揺しまくったけど、それが表れちゃうとお客さんも動揺しちゃうから必死に耐えてましたというかわいいお話をしていらっしゃいまして。笑いを誘っておりました。あれだけ緊迫していた空気を一瞬で和やかな感じに持っていけるのはさすが梶さんの人柄というか、優しい笑顔の力だなと思います。

豊永さんは逆に最初はビクビクしていた火薬とかの音だけど、だんだん慣れてきて「ヒャッハー」な気分になったそうで。車に乗っててクラクションならされたときにもヒャッハーってならないか心配っていうコメントでした(笑)あれ私たちですらだいぶんでっかい音だったから近い演者さんたちはさらに爆音だったろうなあ。

関さんはフロンターレのパレードに合わせて、車につけるナビ?みたいなのを買ったそうです。おかげで混まない道をストレスフリーで来れたとか(笑)

石黒さんはなぜ前列の人たちがやたらとマスクをしているのか疑問に思っていたようで。前列いろんな人がスモークが!!っていう仕草をしていました。それね、たぶんみんな諏訪部さんのツイート読んだんだよ。(笑)

甲斐田さんはこの同じ日にたくさんのイベントがあっている中、脳内でどこに行くか戦わせ勝ち抜きこのホムンクルスを選んでくれてありがとうございますとのコメント(笑)いやもうむしろホムンクルスめっちゃ出てる人豪華ですけどね!!!!!!そりゃ勝ち抜きますよね!!!!!!!私が知っている上でやっていたほかの声優さんのイベントと言えばネオロマぐらいだけど、もしかしてほかにもいっぱいやってたのかな???そして自分にとっては、スタッフさん他関係者すべてがシドニウス兄さんのような存在だとおっしゃっていました。

諏訪部さんは、この音楽朗読劇は今までのものとは違う…例えるならば牛丼みたいなものだとおっしゃっていました。それに対して「え?!」っていう共演者さんのつっこみ(笑)●●牛ができる前までは牛丼って今のような存在のものではなかったけど、あのチェーン店ができてから身近なもの、それが牛丼ってものに変わった。だからこの作品も音楽朗読劇にとってその皮切りになってくれたら…みたいなコメントでした。

 

興奮冷めやらぬまま帰路についたのですが、今回素晴らしいグッズ「プレイボタン」というものがありまして、帰りながら聞けるんですよね!!!!初日の音声らしいけど!!!!!内容は一緒だし!!!!!!なんてすばらしい時代になったんだ。ありがたや。最後のシーン聞くたびに「あぁぁぁあぁぁあああああぁぁぁぁ」って叫びそうになるし号泣もの。

でもやっぱり映像でも見たい。というか再演希望。あの空間で爆音やスモークを感じながらもう一度見たい。生であることに価値がある朗読劇でした。4回で終わらせるにはもったいない。今日の公演は撮影が入っていると貼りだしてあったので、もしも…反響が大きかったのなら円盤化してくれるのかな…。早くもホムンクルスロスだよ…。

 

あっグッズはこんな感じ。

演者さんが使っているものと同じ台本(2冊)、パンフレット、ファイル2種類、プレイボタン

(ほかにREADING HIGHのトートバッグとチケットファイルがありました)

f:id:belle34:20171212224355j:plain

台本見るだけでにやにや。本当に演者さんと同じだぁ…って思いながら見てました。始まる前の時間にはパンフレットをにやにやしながら読み、ある程度の基礎知識を頭に入れ、休憩ではACT1の台本で聞きそびれたセリフなどを「あーなるほど」って思いながら読み返して頭を整理。

最初にパンフで基礎知識入れててよかった。なるほどそういうことね!ってところが数か所あった。世界観が独特なので何もわからない状態だと少し難しかったかもしれない。

最初のほうでは、パンフレットの演者さんのコメントを読んでかわいいなぁ…って思ってしまって、どうしてもにやにやしてしまったところもありました(笑)すみません( ˘ω˘ )

 

ちなみにプレミアムシートのプレゼントは大きめのポストカードとブランケットでした。

f:id:belle34:20171212224315j:plain

 

最前列って本当にストレスフリー。少し首は痛くなるけど、前に誰もいなくて視界に入らない。直接演者さんを見ることができるすばらしい座席でした。

今年のチケット運が今後も続きますように…。

 

出演者の皆様、バンドの皆様、スタッフの皆様、そして藤沢さん。この素晴らしい朗読劇を生み出し、感動を与えてくださりありがとうございました。生で見ることができて本当に幸せでした。

気が付けば12月も中旬。

とてもお久しぶりな気がします。

今年もあと20日ほどになってしまいましたね…。

大掃除はかどっていますか???

私ははかどっていません!!!!!!

 

さてさて少し前にこちらのアイシャドーを購入しました、というお話です。

 

MIMC

→ジュエルカラーパウダー

f:id:belle34:20171211223153j:plain

左から、ブラックダイアモンド、ホワイトダイアモンド、ピンクトルマリン

 

正直アイシャドウとか持ちすぎていてどうしようもないんですけど、本物のダイアモンドとトルマリンをパウダー状にしたというところに心惹かれて購入しました。

 

使ったのはまだホワイトダイアモンドだけなのですが、細かいので他のカラーパウダーに比べてラメ飛びも少なく、肌に密着します。

そして細かいラメなのでとても上品に光ってくれます。

ほかの色も見た感じ上品な光り方をしているので、ラメラメすぎることもないのでは??と思います。

これからの冬のシーズンにはもってこいかも!!

ラメ好きな方は買って損はないのではないかと。

つけているだけで幸せな気持ちになれます(*´ω`*)

MIMCさんのコスメは今まで購入したことがなかったんですけど、結構好きな着け心地ときれいなラメ感なので今後もチェックしていこうかなとこっそり思っているところです。

 

あー年末忙しいと好きなものも買いに行けない…( ˘•ω•˘ )

 

短いけどおしまい。

ラメ入りが好き。誰が何と言おうと。

もう冬ですね!!!!

なんてこったい。コートがないと出かけられません。

今年の秋…どこいった…。

 

先日のお休みにまたまたお買い物をしたので

メモがてらupします。

 

大量に買ったわけではありません。お金もないので。

f:id:belle34:20171121185240j:plain

JILLSTUART

→クリスタルリップティント02

ティントグロスのラメ入り。

去年の今頃はたしか口紅のティントが出たんだよね。

それのグロスverって感じかなと。

同じ種類にラメなしのもあるよ。

 

→ステイトゥルージェルアイライナー02

ただ単にジェルアイライナーがなくなったので。

カラーはブラウン。

基本はリキッドを使用してるけどぼかすときとかにちょっとだけ使用しております。

柔らかくて書きやすいよ。

 

一番下はLINEお友達プレゼントのおまけ。

→クリスタルブルーム ブレスドラブ オードパルファン

ピンクだから甘いだけかと思いきやそうではなかった。

名前は甘い。

 

ついでにたまたまドラッグストアで購入してめっちゃよかったからおすすめしたいコレ。

f:id:belle34:20171121185947j:plain

D-UP

→アイラッシュ805

基本的にはまつエク族なんですけど、今ちょっとめんどくさくて取れたままにしておりまして…。

取れかけたあたりからはお出かけではつけまを使用するようにしていて、だいたい100均とかそのへんのドラッグストアとかにあるやつを使っているのですが…。

初めて購入してめっちゃよかった。芯がしっかりしているので目がでかく見える。

芯がしっかりしているのが苦手な人には向かないけど、ダ○ソーとかにあった芯が固い人気のつけまつげが好きな人とか、つけまで二重にしたいって人には向いているかと思われます。

 

最後はおまけのおまけ。

ランチではAfternoonTeaが混雑してたので久しぶりにビブリオテークにゆきました。f:id:belle34:20171121190834j:plain

エビとルッコラのトマトクリームソースのパスタと前菜のケークサレとスープサンタのショートケーキです。

サンタさんのお顔、見本では綺麗だったのに実物なんかじわるwwwwwかわいいwwww

 

どれもおいしかったよ♡

こいつパスタばっかり食ってるな!って思ってるかもしれないそこのアナタ。

 

 

正解です!!!!!!

前日の夜もおうちでモッツァレラチーズのトマトパスタ作って食べました(笑)

 

パスタってなんであんなに幸せになれるんだろうね。

 

おしまい。

香り系のものを主に買ってきた話

 

突然寒くなりすぎて何を着たらいいのかめちゃめちゃ迷いながら、ついに今年初のケーブルニットデビューを果たしました。

さっみいよ!!!!!!!!

 

今日はお買い物day♪

f:id:belle34:20171112191232j:plain

左から…

Anna Sui

→カラーパウダー 501、800

501のほうがラメの粒が大きくて反射でとにかく光る感じ。

でもとってもきれいで好みの発色。

800は粒が小さめなので涙袋とかにも使えそう!

白いグリッターパウダーは持ってたけど、今年の冬はゴールド系を使っていきたいと思って購入を決意。

 

JILLSTUART

→リラックスオードホワイトフローラル

普段使いもしていて、持ってるのがあと少しなので。

やっぱりこの香り最高。

 

Chanel

→CHANCE ヘアミスト

この香り好きなので。お出かけのときとか、気分を変えたいときに使おうかなと考えているところ。

→CHANCE クリームサテン

これもまた今使っているものがあと1回分くらいでなくなりそうなので。

すべすべになる上にいい香りが続くから大好きなんだよおおおぉぉぉぉ。

夜塗っても次の日1日中ちゃんといい香り残っててさすがだなとしか。

 

今日は香り中心の買い物でした。

 

あとは久しぶりに大好きなAfternoonTeaさんでランチを

f:id:belle34:20171112192704j:plain

決して!!!!!一人で全部食べたわけじゃないからね!!!!!!

 

限定のあっても必ずオーガニックトマトとモッツァレラチーズトマトソースのパスタ頼んでしまう自分…。

デザートはスポンジケーキが苦手なのでスイートポテトプディングを。

そして季節限定の林檎のカプチーノチャイ

あとのメニューはあさりとホタテのクリームボンゴレクリスマスビーフシチュープレートオレンジアールグレイのショートケーキです。

どれもおいしかったよー!!!!

林檎のカプチーノチャイ、いい香り~。一杯分だけどおなかにたまります(笑)

上にのっているおしゃれなお花の香りがとてもよかった!

ビーフシチューも好きな味でした♡

 

一緒に行ってくれた人が、イングリッシュミルクティーブレンド♯35を頼んでおりました。

そういえば今までなかったような???と思ってたら去年出たのね。

ミルク入れる前にストレートで飲んでみたんだけどとっても深みのあるお味と香りで美味しかった♪

そのあとにミルクを入れて飲んでみたら…全然違う!!!!!ミルク入れたほうが断然おいしい!!!!!!!!ミルクティーブレンドって言ってるだけある!!!!!っていう。くらいのおいしさでした。ミルクティー飲みたくなったら頼もう…!!!!

 

 

お買い物とおいしいものでリフレッシュできたので、また明日から怒涛のお仕事がんばります。

柴犬さんとふれあいの日

秋の行楽日和なのでドライブがてら柴犬様と触れ合えるところへ出かけました。

 

道路もさして混んでおらず、とってもドライブしやすかったです(*'ω'*)

バカなのでドライブ前には曲を大量に購入してしまう私。

昨日も夜中までドライブ向けの曲を選別し、プレイリストに入れて準備しまして今日もとっても高いテンションでいってきました!

でっかい声で「ふーりーそそぐーかんせいーにめーをほそめーてー!!!!」って歌いながら山道走らせてた女がいたらそれ確実にわたし。

見なかったことにして。

とにもかくにも、あんまり寒くなくてよかった!!!!

 

 

最初は仔犬さんとのふれあい♬

かわいい。とにかくかわいい。かわいいしか言えないレベルのかわいさ。

とっても元気のいい子だったので年甲斐もなくキャハキャハ遊びました(*´ω`*)♪

f:id:belle34:20171104165627j:plain

その次に成犬さんをお散歩しました。

景色もいい中だったので、秋の自然を感じながら元気にお散歩!

こちらもまたとっても元気のいい子だったので、お散歩のしがいがありました♪

最後に柴犬さんを見て癒されまくって帰ってきました。

 

日頃の疲れが吹っ飛ぶほどのかわいさ♡

また行きたいな~!!!

終極のDOLLS vol.4 琥珀のロルフ

シチュCDさんは布団の中で、生活音から離れて穏やかにゆっくり聞きたい派なのですが、今週はどうしても忙しくて最初の2トラックは作業をしながらリビングで聴くこととなってしまいました。

 

終極のDOLLS 琥珀のロルフ

 

作業をしながらだと聞き落としがあったり、途中でいったん離れたりしたのであやふやな部分があったりするけれどもそれでも最の高だった感想を述べます。

今回のはどうしてもネタバレしなきゃ書けないので、まだ未視聴、ネタバレ嫌なお方は見ないほうがいいかと。

セリフどころか内容のがっつりネタバレくらいますよ。

 

まず、のじけんだから買ったという適当さなので、ほっとんどと言っていいほど公式サイトの説明を読んでおりません。

ちらっと公式PVを見て、この厨二感確実に私の性癖に刺さるやつだなって気づいたので買いました。

たしかに公式サイトは読んだよ。

あの素晴らしい厨二溢れる「愛したい、たとえ傀儡となっても」というキャッチも確かに読んだ。でもまさか、自分がドールにされるとは思わなかったよね。

途中で魂を抜かれることを独り言としてつぶやいてて、えっまさか私人形に?!そんなバカな…!!!!これメリバ系かよ!!!!!好き!!!!!!!!!ってなった。

単に美しいドールに愛されて一緒に生きていく話かと思ってた。大間違いでした。

でも再度公式サイト見たらがっつり書いてありました。「見に行った女性たちが忽然と姿を消す」と。

おい、読み落とした自分よ。上のキャッチと合わせたら確実にドールにされるエンドだって気づけるじゃねぇか。

 

ボイスはもちろんのじけんさんの低音ボイスなので間違いなく最高オブ最高です。のじけんファンは買うべき。そしていつも通りのドSキャラですのでたくさん罵ってくれます。Mの方にもおすすめ。ドブネズミとは言ってくれないけどね!!!!

 

あらすじとしては公式に書いてある通りですが。

巷で大人気の人形劇公演を友達に連れられて見に行った気の強い女の子が、なぜかその一体を1週間だけ所有することになる。女の子はどのドールも同じように見えたらしく、特別にハマったりしなかった。そんな女の子のところに来たのは、兄弟ドールの兄 ロルフ。その美貌から数多の女性を落とし人生を破滅させてきたドール。めっちゃプライド高い。初っ端から椅子が合わないとか文句言いだす。まぁ人形だから…とそこは何とか許せる範疇だけどインテリアにまで文句言いだす始末。一週間しかいないんだから黙っとけよ!!!!w

 

いろいろ文句言われて、女の子も黙っておりません。普通に反発します。それがおもしろくないロルフさんは「記憶を消す」という力を使い、女の子の記憶の一部を消す。女の子は新しい記憶が消えてびっくり。でもなんだかんだ口答えをしていく女の子。すごい。私なら無理。

そんなロルフさん、次の公演の練習に向かいます。再演だからほとんど覚えているけれど…と言いながらもまじめなのでちゃんと練習へ。しかし次の公演ではダンスをすることになったらしく、ロルフさんは知らない女の人と踊りたくないのでお前やれと半ば無理やりダンスをしたこともない女の子を相手役にします。練習では足を踏んだりステップが遅かったりと本当に大丈夫なのか…と不安がいっぱい。

練習した次の日にロルフさんの様子が少し変なことに気づく女の子。理由を聞いても怒って教えてくれず、時期でない「ザクロが食べたい」と言い出し女の子に取りに行かせます。女の子も記憶を消されたくないのでがんばって町はずれの森まで取りに行きますが、手にけがをしてしまいます。無事にザクロを持って帰ってきたものの、手にけがをしている女の子を見てロルフさんは驚き、なぜそこまでして取ってきたのかと女の子に尋ねます。記憶がなくなっても死ぬわけではないのに…と。血まみれの手なのでダンスの練習ができないからとロルフさん手当をしてくれます。まぁなんと、がっつり患部にちゅっちゅ!!!!!!

「手当て」ではなく修理って言い間違えようとするところかわいい。耳元でないところが残念だけどいい!!!!!!この辺からちょっと優しくなってくるロルフさん。ツンデレ。そしてロルフさんが怒っていた理由も判明。できのいい弟に大事なセリフを取られたから。弟はいつもいいところを取っていくと。それを聞いた女の子、「プライドが高い」と笑います。そんなに注目してほしいならダンスを完璧に踊ればいいんじゃないの?と提案。そこからがんばって練習に励む二人。

翌日近くの公園に来ていた大道芸人を見に行きたがる女の子。休息としてふたりで一緒に見に行きます。準備をしに行った女の子を見ながら、魂を奪われるのだから最後くらい楽しい記憶を与えてもいいだろうと。えぇぇぇぇ私魂抜かれるの?!まじで?!ってだいぶん驚いたわ。ちなみに初めて見るマジックに驚くロルフさんかわいい。

当日は緊張している女の子に向かってこっそりいろんなことを囁いてくれます。自信たっぷりなロルフさん。素敵か。魂抜かれないならこれ普通にハッピーエンドに持っていける話。

帰ってから「楽しかった」という純粋な女の子に、優しい言葉をかけてくれます。一週間経ったから離れるんだろうと思っている真実を何も知らない女の子に「こんな形で出会ったのでなければ、この先もここで二人で暮らせたのかもしないな」というセリフを言うロルフさん。あれこのセリフ既視感ある…。こんな形で~云々はよく聞く気がするよ…。なんで私たち普通に出会えないんだろうね!!!!! 

その後魂を抜かれること、呪いが最初からかけられていたこと、ドールになることを伝えられてびっくりぎょうてんの女の子。私もびっくりだわ。まじでドールにするんか。

でも「記憶」を大切にしていることに気づいていたロルフさん。ドールとなる運命の女の子に、見た目でも人間だったことの証が残るようにとザクロ事件でできた傷跡を思いっきり噛みついてさらに傷跡をつけるロルフさん。

この噛みつく瞬間の「はぁっ…」って声が大好きです!!!!!

ロルフさんにキスをされ魂を抜かれた女の子は一瞬でドールに変わります。もう声が出せない(目と耳は使えるらしいので声は出せないのではと勝手に推測)動けない女の子に向かって右耳から囁いてくれる最高なボイス。ここだけ何十回も聞けるなっていう。「共に生きよう、永遠に」で閉めてくれるんですけど。のじけんさんほんとささやきボイスうますぎるよね。かわいさもさることながらささやきボイス選手権あったら確実に上位。(私調べ)

 

内容としましては、メリバですよねこれ。だって有無を言わさずドールにされて所有されちまうんだぜ!!!!!!

十分わかったと思うけど普通に恋愛はできません!!!!

 

全体的に「記憶」って言葉が何度も出てくるし、ロルフのストーリーのテーマは「記憶」だったのかなと思いました。たぶんロルフさんはドールだから記憶がなくて、記憶を持つ女の子がなんでそんなに記憶に固執するのか分からない。でもそこまで大切にしたいならと分からないなりに寄り添ってくれるので優しいよね。

全員分記憶が消される描写なのかな…?ほかのキャラだと違う力なのかな?

ただ何というか…好きなんだけど、1時間しかないからかダンス後の一番大事な魂抜かれる云々のところの話がおろそかになりすぎてないか…?という疑問が。たしかに書き出してみると、傷跡の話も書かないといけないし、プライドが高いことを示す話も必要だし、抜いてもいい話がないのですけれども、ロルフさんが優しいセリフを言ってよっしゃハッピーエンド!と思ってからのほんとは魂ぬかれるんだよーんみたいなところの間が短すぎてあれ…ってなっちゃった。ロルフさんがなんでそんなにしてまで女の子をそばに置いておきたいかがわからない。今までの子は捨ててきたんでしょ???優しいときにもっと愛してほしかったし、それから魂抜いてほしかった。ロルフさんが好きでいてくれるのは伝わるけど、女の子が(たしかに好意を持ってはいるんだろうけど)そこまでロルフさんのことを好きなのか?っていう感じが…。いや私は好きだけどね!!!!私は好きだけど!!!!!!

でもまぁ、囚われるCDって書いてあるしそういう意味だったのかなぁとも思わんでもないか。

ほかの人のを買っていないのでなんとも言えないけど、これ全員分買ったら誰を蘇らせたいとかわかるのかな?笑

結局腐りかけの人は蘇れるのかな(笑)気になる。

 

低音でのささやきの後に、ふんわり優しいのじけんボイスでキャストトークしてくれるのかわいさ120%で癒されまくったのは私だけではないはず。これのおかげですべて許せる。無理やりドールにされても許せる。さすがのじけんボイス。ボイスの落差にあぁぁぁあって布団の中で悶えまくったわ。

とにかく伝えたいこととしては、のじけんさんのボイス本当に最高だから迷ってたら買ってね!!!!!!!!!

感想っつーかほぼあらすじになってしまった。ハハッ

 

あぁー次はダンデビ買うか迷う。金はない。映画も見たい。ちなみにダンデビだとリンド推し(わちゃの声大好き)。

 

興奮して寝れないけどおやすみ。

クリミナーレ!R Vol.1 キアーヴェ&ダンテ

今日も早起きの必要があったので聞けないかなと思いつつ、早く聞きたくてせめてトラック1だけでも…と思い聞き始めたら続きが気になりすぎて結局夜更かしして聞いちゃいました。

 

クリミナーレ!R Vol.1 キアーヴェ&ダンテ

 

箱を開けて気づいたのですが、うれしいことに初回盤フリト収録!!!!!

わーいわーい!!!!!!!

 

あっ若干のネタバレ注意。

 

まず、お恥ずかしながら、クリミナーレシリーズ初聴きです。

あたたかいお布団の中で寝かぶりながら聞いた感想です。

だいたいシチュCDってシリーズと言ってもそのCDだけで完結するやつ多いから、そんな感じで聴いてたら…

まさかの、続くタイプ!笑

気になりすぎる!!!!!!!

買うのはこれだけにしようと決めていたのに続き買わなきゃ気になりすぎるじゃん!!!!

 

全体の感想としては、右から左から鳥海さんと野島さんのいいボイスが聞こえてきて幸せ。

そしてその二人のイケボに取り合われる幸福感。

基本的にあまーーーーーーーーーいシチュCDが好きなオタクなので、こういう真実を暴け系のやつは初めてだったんだけど、1時間あっという間すぎる!!!

恋愛は発展しないものの話が本当に気になる。

 

ファーザーの死の真相を暴きたい3人なので、甘いセリフといえばサンプルボイスぐらいかなと思うのですが。

サンプルボイスにもあった鳥海さんの「僕を選んでくれたらたくさん甘やかしてあげる。君のお願いなら何でも聞くし、ずっとそばにいて守ってあげるよ?」の破壊力がやばい。

たくさん甘やかしてほしい。

右耳からそれ言うのずるい。

そのあとの「のかわいらしい唇で言ってごらん?」っていう誘導系大好きらぶ。

と思いきや左側からの野島さんの低音もはんぱじゃなくずるい。

お前も本当は…素直に認めれば可愛がってやる。こんなやつほっといて…俺と来い。

最後になるにつれウイスパーになるの本当にずるすぎやしませんか!!!!

正反対の二人が本当にいとおしいわ。

 

あとねシチュCDでは毎度思うけど、吐息!!!!!!!!

私のイヤホンいつの間に息が吹きかかる仕様になったのかな!!!!!!!!!

 

二人が喧嘩してるときに思いっきりビンタするお嬢さん最強説。

むしろ誰よりも強いのでは。

でもそのあとのうろたえた感じの鳥海さん野島さんのボイス最の高!!!!!

「あ…あぁごめんね???」って。かわいすぎかよ。完璧系の人かと思いきやちょっと取り乱しちゃうときもあるんだね。尊い

ダンテも短気な割にお嬢さんには弱いようですぐに謝ってくれる。憎めんのう。

 

そしてだいぶん眠くなってきたところで、、カーチェイスがあるとは思いませんでした。

あーねむいなーって思っているところに銃撃戦の音とか入るとびっくりして一瞬覚醒する。

ダンテはスナイパーなんですね…。接近戦は苦手だと言っていたけど、野島さん接近戦苦手なキャラになること多いね?笑

でも普通にかっこいいよね????

最後はどうなることやらと一瞬思っちゃいましたが、お嬢さん死んじゃったら話終わっちゃうもんね。全然真相分からないまま終わってしまうもんね。助かってよかった。ブレスレット最強か。むしろブレスレットとかいうあのほっそいもの(だと勝手に想像)のところに打つって敵ながらすごすぎるやろ。ていうか打たれたらさすがに跳ね返しても痛いやろ。

そもそもブレスレットで跳ね返すって…どういうこと?!?!本物ならすんごい素材なのかと思うけど、パパのはまがいもんなのにな!!!!!!!

っていういらん感情が出てきてしまったけどとにかくお嬢さん死ななくてよかった。死んじゃったら鳥海さんに甘やかしてもらえなくなっちゃうし野島さんにかわいがってもらえなくなっちゃう。

 

そんなこんなでファーザーが死んでない説が濃くなったところで終了し、このシリーズ続いてしまうわけですが。

特典よ!!!私いつもウォークマンに取り込んでから聞くんだけどそのウォークマンさんももう容量がパンクしておりまして、ひとつ新しいのをいれるごとに1アルバム消去しながらどうにか聞いてるんですけども。

なぜか特典が入っておらず!!!!!

なんでや!!!!!CDにはフリト収録って書いてあったのに!!!!!!!!って思ったらPCさんにはしっかり取り込まれておりました。

のでさっき聞きました。

 

鳥海さんはフリトでもあまり変わらないいい鳥海さんボイスなのでドキドキするのも当然なのですが、野島さんはあのふんわり優しいお声に戻っておしゃべりしてくれるので癒される。

そして二人、そろわないwwwww

絶対合うと思うって言ってましたけど、揃ってんのかな~どうなのかな~って言ってましたけど!!!!!

合ってません!!!!!!!!!

よく同じシリーズのやつに出てるイメージあるけど、合ってません♡笑

そこも尊いよ!!!!

ってことで次が楽しみだね。次は近藤さんと下野さんなんだね。おーけーおーけー。

 

おしまい。